チェックで簡単診断【適応障害は専門院でしっかり治療】

寝そべる女性

特定の原因に反応する病気

女性

症状に気づかない場合も

ストレスを感じて病気を発症してしまうことは多いですが、その病気にもいろいろな種類があります。その中で適応障害という病気があり、これはある特定の原因にだけ体や心が反応してしまう症状です。したがって、その原因から離れれば、症状も次第に良くなっていきます。このような特徴から、適応障害に気づかずに苦しんでいる人たちはたくさんいます。適応障害の原因が会社や学校であれば、それからしばらく離れていると気分が安定してくるため、再び同じ環境で発症を繰り返してしまうのです。適応障害は周りから見ると甘えていると思われがちで、本人も自分の弱さにますます落ち込んでしまいます。適応障害に気づかなければそのままの状態が続いてしまうので、最悪の場合はうつ病を発症してしまうこともあります。そのため、症状に気づいて専門病院で治療を受けていくことが最善策です。この適応障害に気づく方法として、症状のチェックができるサイトがたくさんあるので、それを見て診断していくことができます。このようなチェック項目は分かりやすくまとめられており、適応障害の典型的な症状が紹介されています。このチェック項目にいくつか当てはまるようならば、適応障害を疑った方がいいかもしれません。適応障害に早く気づいて治療をしていくためにも、専門的なチェックの診断は役に立ってくれます。

具体的な診断基準

適応障害のチェックにある主な項目は、仕事や生活に支障が出てしまうほどの症状であるということが多く見られます。この症状は、ある原因に神経が反応してしまうため、吐き気やめまい、情緒不安定なところが目立ってしまいます。それがひどくなると、集中できなくなったり、体を動かすことも困難になってしまう場合もあるのです。次に、環境の変化から発症してしまうことも代表的な症状です。特に就職や入学で環境が大きく変わったときに、それに慣れるまでに症状が出てしまうことがあります。環境の変化から3ヶ月以内に発症してしまうこともポイントで、これに思い当たる人は適応障害の可能性も高いです。また、チェック項目に必ずあるのが、原因となることから離れた場合に症状が良くなることです。これは診断基準の中でも大事な項目で、症状の改善は早くにあらわれてきます。その目安として、6ヶ月以内に改善されることとなっていますが、それ以上続くようであれば別の病気が疑われます。こうした診断基準がサイトを利用して判断していけるので、治療を受けるきっかけにもなってくれます。適応障害は若い人に多く見られるようになり、これが原因で会社や学校を休んでいる人も少なくはありません。増え続ける適応障害への対策として、自分で診断できるチェック方法は今後も欠かすことができない存在となっています。

ストレスが引き起こす

医者と看護師

働く環境が急激に変化しており、それによって心の病気を訴える人が増えています。適応障害もその1つでうつ病に似た症状がでますが、原因となるストレスを解消すれば完治します。周囲の人が事前にチェックして、早めに専門医に診せることが必要です。性格的にナイーブで傷つきやすい人がなりやすいのです。

View Detail

真面目な方に多い症状

青空と女性

真面目でストレスに弱い人こそ適応障害になりやすいようです。ネットのセルフチェックシートを活用して、当てはまる項目がいくつかあったら、自己判断しないで精神神経科や心療内科を受診してみて下さい。専門医のカウンセリングや薬物療法で、多くの方が良くなってくるようです。

View Detail

病気への対応

看護師

適応障害はストレスを原因として、精神的身体的に社会生活に悪影響を及ぼすものと定義されています。ストレスは人によって感じ方が違いますので、表面上のチェックだけでなく、専門医を頼るのが良いです。治療するにはその原因となるストレスから離れることが大切です。

View Detail

生活に支障が出る

カウンセリング

ある状況に適応できない障害を適応障害といい、不安症状やうつ症状、問題行動などが症状としてあらわれます。社会生活が困難であるか、環境変化によるストレスが原因か、ストレスから離れると症状が改善されるか、ほかの所見がみられないかでチェックすることができます。

View Detail