チェックで簡単診断【適応障害は専門院でしっかり治療】

笑顔の女性

病気への対応

看護師

ストレスによる病気

現代社会はストレスの溜まりやすい世の中であると言われています。それは、めまぐるしく変わる環境の変化やインターネットなどの普及に伴って、人と人の関わり方が変わってきたことに起因します。最近ではごく一般的に精神的な病にかかるということが増えてきました。年齢問わず幅広い世代においてあり得る病気と言えますので、自分だけはならないだろうと思うことは禁物です。適応障害もその心の病気の代表的なものの一つです。適応障害とはストレスによって引き起こされる、精神的身体的な症状によって社会生活に著しい悪影響を及ぼすこと、と定義されています。適応障害になると、例えばある出来事でその人にとって辛い状況になった時に涙もろくなってしまったり、衝動的に暴力的になったりします。他には無断欠席してしまったり、喧嘩してしまったりと、一見適応障害によって起こっているのか分からないような行動をとってしまいます。それにより、本当は適応障害によるものであるのに、性格的なものであると判断されてしまい、社会生活を普通に送るということが難しくなるのです。その病気になっているかどうかは、本人に自覚がない場合が多くなりますのでチェックすることが必要です。

病気の症状と治療法

人がストレスを感じる場合は様々です。震災などの社会的な出来事に巻き込まれることによって起こるものもあれば、会社での人間関係によって起きるものもあります。人によってその感じ方は違うので、どのレベルになればどの程度のストレスがかかるかは様々なのです。適応障害になっているどうかチェックするのに、ガイドラインがあります。何か原因になる出来事があってから一ヶ月以内に症状が出ることが多いです。ストレスはストレスの原因となる出来事がなくなってから、半年以上続くことはないとされていますが、継続的にストレスがかかるとその症状も慢性化することになります。ストレスがあるかどうかチェックすることもできますが、人によって感じ方や耐性が違うので、何が正確かということを決めることが難しいのです。単に表面上のことでチェックするのではなく、専門医を頼るのが良いと言えます。適応障害を治療する場合、薬などを使用することもそうですが、まず第一にストレスの原因となるものから遠ざかるということが大切です。スポーツをしてリフレッシュすることもそうですし、気分転換になることを積極的に取り入れることが重要です。病気を治すには周りの人のサポートも必要なのです。