チェックで簡単診断【適応障害は専門院でしっかり治療】

笑顔の女性

真面目な方に多い症状

青空と女性

セルフ診断シートが人気

最近何となく不安な気持ちで、やる気が出なく、心が沈んでいたり、身体もだるくて頭痛や腹痛もするのが日常的になっている、という方もいらっしゃるかもしれません。体のどこかがおかしいのかと思って内科などで検査してもどこも異常がない、という方もいらっしゃるかもしれません。そんな症状は、もしかしたら適応障害かもしれません。適応障害は、新しい生活環境、例えば進学や就職、結婚や病気や転勤などがあった時に、その生活の変化に心がうまく適応出来ない状態です。それらの精神的負担が身体への症状として感じられ、日常生活にも支障をきたすようになる事があります。ただ、自分の感じている症状が、適応障害かどうかは、病院での診断が必要ですが、事前に調べてみたい方も少なくないようです。その為、ネットである適応障害のセルフチェックシートが人気のようです。自分で簡単にチェック出来るのが人気の理由かもしれません。チェックシートで当てはまったから、適応障害に決まりというわけではありませんが、自分が心の病気かどうかが不安になったら、精神神経科や心療内科などを受診するきっかけにしてみて下さい。一人で悩まずに、話を聞いてくれて協力してくれる人を見つけるのも良いかもしれません。

身体にでてくる症状の特徴

適応障害の症状としては、人によって様々ですが、特徴的なのはいくつかあるようです。不安症状や、うつ症状の他にケンカをしやすくなったり、勤務怠慢などもあります。また、頭痛で頭が重く、倦怠感があり腹痛が日常的に起こるなどもあるようです。これらは、他の病気でもある事かもしれませんので、適応障害だと確定診断されるには、他の病気ではない事がわかり、精神神経科や心療内科での診療が大切です。また、適応障害の治療ですが、専門医のカウンセリングなど精神療法が中心となります。どのくらいカウンセリングに通えば、改善されるのだろう、と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方が3カ月以内に改善に向かっているようです。そして、人によっては、薬物療法も併用して行われます。抗うつ剤や抗不安薬の服用です。そして、適応障害は、周りの人の理解や協力が必要と言われるもので、何より大切かもしれません。治そうと焦らずに、ゆったりした気持ちで心と身体の充分な休息が必要なのも、適応障害の特徴です。セルフチェックシートは、参考にして早めの受診をおすすめします。また、適応障害の方の人気ブログもあり、人気があるようです。様々な情報交換の場となっているようですので、ネットもチェックしてみて下さい。