チェックで簡単診断【適応障害は専門院でしっかり治療】

笑顔の女性

ストレスが引き起こす

医者と看護師

色々な症状と対処法

30年前と今とで、人間の働き方は大きく変化したと言えます。ストレス社会と呼ばれる昨今、日常的なコミュニケーションの不足や将来の様々な不安から、精神的にまいってしまう方が多くなっているのです。そのため心の病気を訴える人もたくさんいますが、適応障害というのもこのような環境から生み出された病気の1つです。適応障害の症状は一見うつの症状と似ており、憂鬱な気分に陥ったり、集中力が低下してイライラしたりします。しかし適応障害の場合はストレスとなる状況や原因が比較的ハッキリしているので、その状況や原因から離れることによって症状が改善することがあります。適応障害の特徴は、ある特定の状況や出来事に対して辛く感じられたり耐えがたくなったりした時に、精神症状や身体症状に異変が表れるのです。症状としては落ち込んだり、不安感に襲われたりします。まためまいや頭痛、動悸、倦怠感などの身体的症状も起こります。物を壊したりケンカをしたりなど、行動的な症状が出ることもあります。そのような症状を引き起こすストレスなどを突き止めて、そこから引き離すことが改善につながります。しかし原因が突き止められなかったり引き離すことができないと、慢性化してしまう恐れがあります。治療は主に薬物療法ですが、社会への適応力を高めるための認知行動療法なども行われます。

症状が出やすい性格に注意

適応障害になると学校へ行けなくなったり、会社に行けなくなったりします。その原因となるストレスを解消できれば、症状も治ります。また適応障害になる前に、周囲が早く察知してチェックすることが必要です。人によって症状の表れ方は違ってきますが、陽気だった人が急に落ち込んだり、怒りやすくなったりします。普段それほどお酒を飲まない人が、行きすぎた飲酒をしたりする時は要チェックです。また会社を休んだことがない人が、急に無断欠勤するのも要チェックです。身体的には会社へ出勤する前や学校へ登校する前などに、食事の箸を持つ手がブルブル震えたり、めまいがしたり、汗をかいたりすることがあります。このような症状が見られたら早めに専門医の診察を受けさせることです。精神科へかかることを拒む人がいますが、適応障害は健康と病気の中間にある軽い状況なので、早めに治療すれば完治します。その点を周囲の人も知っておく必要があります。身体でいえば風邪をひいた程度の症状なので、あまり深刻に考えずに、診察を受けさせることが大事です。また、性格的に傷つきやすい人やナイーブな人は普段からチェックしておく必要があります。人の評価を気にするタイプの人も要チェックです。一般的に真面目すぎて、気軽に相談できる人がいない場合が多いので、その分を家族があたたかく受け止めてあげる必要があります。