チェックで簡単診断【適応障害は専門院でしっかり治療】

笑顔の女性

生活に支障が出る

カウンセリング

適応できにくい

人前に出るのが苦手だからつらいなやテストが苦手だな緊張するななど誰しも特定の状況に苦手意識や緊張を感じることがあります。しかしその苦手意識や緊張、つらいという気持ちが人よりも強いストレスとなって現れ、日常の生活にも支障をきたしてしまうことがあります。それを適応障害といいます。その名の通りある状況に適応することが困難になってしまう精神的な疾患です。ほかの人にとっては普通の状況であっても適応障害の人にとってはその状況にいることが強いストレスになってしまい、気分や行動面などあらゆる症状となって現れてしまいます。具体的にどのような症状があるのかといいますと、憂うつな気分や焦燥感などうつ症状や不安感が強くなり涙もろくなったりする不安症状があります。また行動面として無断欠席や無謀や飲食や無謀や運転、また暴力行為などがあらわれることがあります。適応障害の大きな特徴として、ある特定の状況下でのみ症状があらわれるのでその状況から離れると症状が改善するということがあります。そのために本人に自覚がないからだとか、仮病だとか、気分屋だとかと周りの人から理解されにくく、病気として認識されにくい場合が多いです。

自分で確認する

周りから理解されにくく本人も自分が病気であるのかどうかを判断しにくい適応障害ですが、病院で専門医の診断をしてもらう前にセルフチェックする方法はないものでしょうか。自分が適応障害であるかを知るために4つの項目をチェックします。まず社会生活に支障をきたすレベルの症状かということがあります。特定の症状が出ているから適応障害であると判断されるのではなく、その症状で社会生活を送ることが困難になっているかがポイントです。二つ目に環境変化によるストレスが原因であるかどうかというチェック項目があります。環境の変化によりその変化に適応することができない症状がこの病気の特徴で、環境変化からおおむね3か月以内に症状が起こってしまいます。あきらかの環境変化がありそれにより社会生活が困難であれば適応障害である可能性が高く、特に思い当たる変化がない場合にはその他の病気である可能性が高いです。三つ目にそのストレスから離れると症状が出ないまた改善されるということがあります。学校や会社に行かなければ症状が出なかったり、休日は比較的調子がいい場合には適応障害である可能性があります。最後にほかの病気の所見がみられないということをチェックします。適応障害の項目に当てはまっていてもうつ病の所見がみられた場合にはうつ病と診断されます。